FC2ブログ

New「守谷ベース」(ヒュッケビレッジ)がスゴイことになっていた!

       new守谷ベース表紙

以前、このブログでご紹介した「守谷ベース」(MAPコチラ→)が、
「ヒュッケ ビレッジ」と改名され、さらにバージョンアップしていました!

「ヒュッケ ビレッジ」とは、NTB社の江田会長さんが親しい方達と共にプライベートで進めているプロジェクトなのですが、そのこだわりがメチャクチャスゴイのです。

■2018年4月28日(土)
ちょうど1年前にNTB社さん主宰のオフ会が催され、アチコチも参加したのですが(当時のレポートはコチラ→)、今回は【SAKURA】や【SINOBI】のユーザーさんの呼びかけで「ヒュッケビレッジ」にて、「タケノコ・オフ会」が開催されました。

b1ヒュッテ2
「タケノコ掘り」や、竹を利用した「流しそうめん」で、子ども達が大喜びしたようです。アチコチは家でブログを書いていて、すっかり出遅れてしまい、夕方からの参加になったので、タケノコ掘りには参加できず仕舞いでした・・・トホホ。でも、夕食時にとりたての美味しいタケノコを存分に頂戴することができました。
メチャメチャ美味しいタケノコ料理、ご馳走様でした

さて、「ヒュッケ ビレッジ」のご紹介をば、
b1ヒュッテ5
デッキは、広々と大きくなっていました。テーブルや大きなパラソルが配置され、素敵なストーブも置かれています。
夜はライトアップされて、とってもムーディーな雰囲気に。。。

b1ヒュッテ10
何やら、お酒のビンが並んでいます。イイですねぇ。

b1ヒュッテ9
思わず口に出てしまいそうなこの言葉、「バーボンをダブルで!」・・・
するって~と、
バーボンの入ったグラスが長いテーブルの端から、シューっと滑ってきて、ピタリと目の前に止まる・・・、と軽く想像してしまいます。(ノω`*)ノ

b1ヒュッテ4
敷地の中央部分に、大きなデッキが作られていました。真四角にせず、丸いサークル状に作ってあるのが素敵です。色をあえてシルバーグレーにしているところも、オシャレ。木を伐採せずに残してあるので、夏でも日陰になって涼しいことでしょう。木漏れ日も美しい。

b1ヒュッテ3  
大人達が美味しいお酒を飲んで至福の時を過ごしている間、子ども達は、このサークルデッキや自然の中で思いっきり遊んで、夢のひとときを過ごしていました。

b1ヒュッテ6
そして、さらに子どもの心をくすぐるのが、この「ツリーハウス」。大人でもワクワクしてきます。
入り口のドアには、宮沢賢治のイーハトーブの世界を彷彿させるようなステンドグラスが飾られています。

b1ヒュッテ8
中央は鏡になっているのか、外の景色が映り込んでいます。
まだ内装は手がつけられていませんでしたが、きっと魔法がかった世界が繰り広げられるのでは???

b1ヒュッテ7
テラスにも同じようなステンドグラスが、飾られています。

そして、トイレの中にまでも装飾が!
b1ヒュッテ13
写真左:ジャングルにいるような雰囲気で、中に入ると湿度が高くなったような気さえもしてきます。手洗いのところに何やらリモコンのようなモノが置いてあったので、「お子さんがゲームのリモコンを置き忘れたのかしら?」と思っていたら、な、な、なんと、それはトイレ内の照明スイッチでした。照明色をカラフルに変更できるそうです。絶句!
写真右:障害者用の大きなトイレです。大理石風の壁紙と天井のグリーンが個性的。思わず長居してしまいそうです。

■4月29日(日)
楽しい宴会の夜が明けた翌朝。おはようございます!
b1ヒュッテ1
朝起きてすぐに上を見上げると ↑ この新緑の世界が飛び込んできました! バンクベッドの頭上にあるスカイルーフを通して見える風景です。こんな時に、「スカイルーフを付けておいて良かった!」と思います。

昨日は到着後にすぐに飲み会だったので、敷地内をあまり良く見ていませんでした。
今朝はゆっくりと、敷地内を見学することにします。この「ヒュッケ ビレッジ」は、アメリカンな世界のみならず、しっとりとした和の世界をも醸し出しているようです。
b1ヒュッテ11
それが、この日本庭園。

b1ヒュッテ12
コンパクトながらも、モミジやツツジなど和の植物が植えられ、飛び石も配置されています。

う~ん、本当に「ヒュッケ ビレッジ」のこだわりは、スゴイ!細やかな所にまで目が行き届いてるのはもちろん、そのセンスの良さには、いつも感心しています。今後、キャンプ場スペースなどを造る計画があるというのですから、本当に楽しみです。
*コチのつぶやき:そのこだわりに触発されて【SAKURA】の内装を変えてみようと思い立ち、近頃いろいろと日曜大工のまねごとをし始めました。

 ヒュッケとは、北欧の言葉・概念(たぶん、デンマーク語)で「心地よい場所、空間、小さな喜びを感じられる生き方」という意味だそうです。
「ストレス社会の中で生きる人々の安らぎの場所」でありたい、という江田会長さんの理念のもとに、「ヒュッケビレッジ」は建設されているそうです(詳しくはNTB社さんのサイトをご覧くださいコチラ→)。

少なくともアチ&コチは、滞在中の2日間はストレスフリーどころか、テンションハイの状態で、とても楽しく過ごすことができました。
18ココ10ヶ月
まずは、現在の「ヒュッケビレッジ」のご紹介まで。


お読みいただき、ありがとうございました。アチ&コチ (゚゚)(。。)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント