FC2ブログ

キャンピングカーライフが舞台の映画「ロング、ロングバケーション」観ての感想。

    映画ロング_表紙

一ヶ月半のご無沙汰です。(゚゚)(。。)
実は、2週間以上にわたって「九州キャラバン」を楽しんできました。
まさに、これからご紹介する映画の題名のようなロングバケーションでした。行きは寒い日が多く、ダウンジャケットを着込んでいたのですが、帰ってみれば春爛漫!自宅近くの公園の桜は満開になっていて、ビックリ!浦島太郎になったような気がしているアチ&コチです。
その旅行記をいずれアップする予定ですが、あまりにも内容が濃すぎて、どこから手をつけていいものやら・・・。
大作旅行記(?)にいどむ前に、チョコチョコと今まで温めていた記事をアップしたいと思います。


まずは、2018年1月26日に公開された
映画『ロング、ロングバケーション』をご紹介します。
渋谷パレスにて:2ヶ月以上も前のことですが σ(^_^;)

公式サイトはコチラ→です。
2月号の『Auto  Camper』に、その映画が紹介されていたのを見つけ、
「これは、行かなくては!」と慌てて観に行った次第です。

ーーーーーーー以下が、紹介されていた概要です。
「人生の終わりが見えてきた老夫婦が人生の最後にどんな選択をするのかーーー」
妻は末期ガン、夫はアルツハイマーが進行中。家族の思い出が詰まったキャンピングカーの旅。
これからご覧になる方の楽しみを奪うことになるので、あらすじは、ここまでのご紹介にしておきますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画自体は、たんたんと綴られていきます。
過去に子ども達と過ごしたキャンピングカーライフを懐かしみながらの老齢夫婦の二人旅。
拍手を送りたいのは、二人の俳優の名演技です!
ロングロング3
ドナルド・サザーランドとヘレン・ミレン

病気に向き合わなくてはならない辛い気持ちや葛藤、夫婦の絆・・・、その表情一つ一つに引き込まれてしまいます。
ロングロング1  
*写真は映画のチラシをスキャンさせていただきました。
*コチの一言:
広いと思っていたアメリカのキャンピング場の一区画が想像していたよりも狭かったり、意外な驚きがありました。
       
お子様にはちょっと目に毒(✕)な場面があります。
      
劇場での上映は終了していると思いますが、DVDがレンタルされた際にご覧になってはいかがでしょうか。
ウィネべーゴ社(アメリカ)の古いキャンピングカーが二人を乗せてひた走ります。冷房などあるはずもなく、運転席と助手席には小さな扇風機がそれぞれに設置してあるのが、何だかチャーミングでした。

キャンピングカーライフを楽しんでおられる方、アウトドアを趣味にしておられる方は、きっと共感できるところが見つかると思います。



お読みいただき、ありがとうございました。
アチ&コチ (゚゚)(。。)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント