FC2ブログ

信州、駒ヶ根でキャンプ:「出会い」&トホホなできごと・・・

   b1708駒ヶ根表紙

このところ、アウトドア熱が盛り上がりをみせているアチコチ家。
今回は、10年以上前に訪れたことのある人気のキャンプ場「駒ヶ根家族村キャンプ場」でアウトドアを満喫。素敵な出会いがあった一方、トホホなできごとも体験したキャラバンでした(全走行距離538㎞)

■2017年8月17日(木)

埼玉を夕方に出発して、圏央道→中央自動車道へ。GO!GO!GO!
17:40 中央道原PA
車内で夕食。トラックからの騒音が凄まじく、なかなか安眠できず。。。

■8月18日(金) あいにくの雨  
朝食を済ませたあと、スマホでブログ制作。
10:20 中央道原PAを出発。
11:00 駒ヶ根インターで下りる。
「駒ヶ岳ロープウェイ」に乗って中央アルプスを一望したかったのですが、あいにくの雨でロープウェイは運転中止。残念!
11:07~14:35 「こまくさの湯」 
b170820_153134_vHDR_Auto.jpg
キャンプ場のチェックインまでには時間があったので、こちらで昼食とお風呂。お得な食事付入浴券1020円を利用しました。
 b170818_114012_vHDR_Auto.jpg
川の流れを見ながらお食事できるテラスがあるのですが、雨のためテラス席に座るのをあきらめて、屋内でアチコチはともにご当地名物の「ソースカツ丼」(ミニセット)を食べました。
miniソースカツ丼
甘めのソースが染みたカツをパクリ。ご飯にも甘いつゆが染みて美味しかったです。 
b170818_122609_vHDR_Auto.jpg
*食堂から見える景色です。
ここのお風呂は、露天風呂がお勧め。雄大な山々を見ることができます。霧もやが山を包み込む幽玄な様には息をのみました。
14:45~ ベルシャインという衣類や雑貨までも販売しているスーパーに立ち寄り、食料を調達して夕食の準備完了。
*コチ情報:別の日に、その近くにあるスーパー西友(24時間営業)にも寄ったのですが、ベルシャインの方が食料品が豊富でした。

15:40 目的地の「駒ヶ根家族村キャンプ場
b170818_170653_vHDR_Auto.jpg
子どもがまだ小学生だった頃、京都からやって来た友人2家族と合流。この池で子ども達が楽しそうに、魚にエサをあげていました。敷地内にパターゴルフ場があり、3家族で成績を競い合って、とても盛り上がったことを思い出しました。「家族村」という文字がキャンプ場名に入るだけあって、パターゴルフやゴーカートを始め、レクリエーション施設が充実していて、ファミリーで楽しめる工夫がなされています。
b170818_164219_vHDR_Auto.jpg
*アチコチは、電源なしサイトを利用。
各サイトには、木製テーブルと焚き火用のコンクリート台が設置されています。
komagane1.jpg
トイレと炊事場。シャワールームもあります。

セッティングを終えたその時、驚きの出会いが!
「こんにちは!」と声をかけられた方に目を向けると、何と、何と、つい2週間前に守谷ベース(仮称)で開催されたNTB社アンコールフェアでお会いしたご夫婦が立っておられるではありませんか?【SAKURA】のご購入を視野にアンコールフェアにいらしていたので、アチコチ家の【SAKURA】の車内をご案内し、いろいろとお話しをしていたのです(アンコールフェアでは、多くのユーザーさんがそれぞれ車内をご紹介しておられました)。

こんな偶然、あるのでしょうか!しかもご夫婦は、アチコチ・ブログでご紹介した「白馬アルプスキャンプ場」に行こうかと迷った末に、今回はこちらのキャンプ場にいらしたとのこと。実はアチコチも、当初は白馬のキャンプ場に決めていたのですが、土壇場で駒ヶ根のキャンプ場に来ることにしたのです・・・運命的な出会い?
b170818_192224_vHDR_Auto.jpg
それぞれに夕食(アチコチ家は火を焚いて、BBQ)を済ませたあと、先ほど再会したご夫婦とキャンピングカーについて語り合いました。聞けば、10数年以上も前からバンコンタイプのキャンピングカーでご旅行を楽しんでおられるとのことで・・・ベテランの大先輩なのです。
 
■8月19日(土)
この日は、キャンプ場内で「むらまつり」が開催されます。PCサイトで地元出身のアーティストを中心としたライブ演奏があることを知り、急遽こちらのキャンプ場を選んだこともあって、お祭りに参加するのを楽しみにしていました。
*家族券は2500円で、5人までOK!そのうち1500円は食事チケット分。アチコチ家の場合、入場券は1人500円ということになります。
「むらまつり」に参加者する前に、キャンプ場内にある「こぶしの湯」で、ひとっ風呂。こじんまりとしていますが、サウナも露天風呂もあります(宿泊者は、100円引きの510円
b170818_171228_vHDR_Auto.jpg 
「こぶしの湯」の横にあるスペースが「むらまつり」会場になっているので、お風呂上がりにちょっと立ち寄り、フラメンコを見ながら美味しいミニ鰻丼をいただきました。偶然、地元のケーブルテレビのインタビューを受け、テレビカメラを向けたられたアチはちょっと緊張しつつ、「美味しいです!」と口にしていました。
komagane2.jpg
その後、一旦サイトに戻ってバンクベッドでつい一眠り。うとうとイイ気持ち・・・ZZZ・・・遠~く、夢の中で聴こえてくる女性のきれいな歌声は?
「あ~っ!もう午後の部が始まっている!」と飛び起きて、会場へ向かいます。今思えば、すでにこの時から「トホホの波」が、ヒタヒタと忍び寄ってきていたのです。
 
会場では、次々にミュージシャンが歌声を披露しています。女性ボーカルの歌声が渋くて素敵!ウットリとハスキーな歌声を耳にしていると、パタ・パタ・バタ・・・と大粒の雨が!「ビリビリ・ドッカ~ン」という天を切り裂くような雷が鳴り響き、やがてどしゃ降りに。
komagane3.jpg
最後のジャズ演奏時には、演奏する側も客席も大わらわ。楽器やスピーカーなどを雨から守るためにスタッフが駆け巡り、ボーカルは雨の侵入を防ぐために片手をテントに当てながら歌うことに。一時は、それはもうバケツをひっくり返したようなザザ振りでした。
atya4.jpg
それでも、参加アーティストさん達は演奏をし続けて、最後に全員で合唱したところで、終了となりました。本当に、お疲れ様でございました。
野外コンサートではたまに心配される雨のアクシデントですが、この夏は、どこのキャンプ場に行っても雨に降られっぱなし・・・まいりました。そして今回は、トホホな事態がアチコチに降りかかってきたのです。

キャンピングカーに戻った時、アチの表情が一変していました!
atya3.jpg
大型サンルーフを閉め忘れたため、雨水が室内に落ちてバンクベットの布団や、ダイネットのカバーが濡れてしまっていました。一気に酔いが覚め、真っ青↓ ↓ ↓ 「やってしまいました」・・・トホホ・・・です。
現場の写真はありません。写メする余裕はもちろんなくて、あとで撮った写真をUPします。
atya2.jpg

幸いにも大型サンルーフの遮光スクリーンが閉じられていたため(それゆえ、車内からは上のサンルーフが開いていることに気ずかずにいたのですが…)、上記の写真のように直接雨が滴り落ちることにはならず、一旦遮光スクリーンで雨を受け止め、徐々にしずくが落ちたようです。被害は小さくなったとはいえ、ものすごいどしゃ降りだったので相当の雨が・・・バンクベットに寝るのはとうてい無理な状態です。
*その夜は、アチはダイネット(カバーなし)、コチはリアベット(後ろの2段ベッド下)で就寝。
いつもは窓などの戸締まりはキチンとするのですが、寝ぼけたまま、「音楽聴きたさ」にキャンピングカーを飛び出したので、確認を怠ってしまいました。反省しきりです。

でも、気落ちしたテンションから救ってくださったのは、前日に再会したご夫婦と、宮城県仙台市から来られていたお隣のサイトのご家族です。濡れてしまったマットレスなどを片づけたあとでバーベキューの準備を始めた頃、いたく意気消沈していたアチコチは、お隣のサイトのご夫婦とお話しをさせていただくことになり、次第に様々な話題で会話が盛り上がって、少しずつ元気を取り戻していきました。
その後、3家族で夜な夜な焚き火を囲みながら、キャンプのお話しはもちろん、バイクやキャンピングカー、暖炉、食べ物、家族、世間話など、話題は尽きずにとても心穏やかな心地よい一夜を過ごすことができたのです。「出会い」によって生まれた楽しい一時でした。
b170820_212818_vHDR_Auto.jpg
*アチコチ伝言:その節は大変お世話になりました。

■8月20日(日) この日、お二方のご家族はお帰りになられました。
久しぶりの晴天です!☀ 
良かった~!濡れたカバーや布団を乾かすことができます・・・バンザイ!!サイトに布団を並べて天日干しにして、午前中はキャンプ場内を散策して回りました。
b170820_103657_vHDR_Auto.jpg

b170820_103443_vHDR_Auto.jpg
ゴーカート場や様々な形の自転車に乗ることができるコーナーがあります。

bカレーランチ
お昼は、レトルトで簡単ランチ。レンジでチン!アチのお気に入りの「黒カレー」です。栄養がかたよるので持参したピクルスも。
午後はキャンプ場を出て、今宵の食事の買い物とガソリン補給(燃費10.3km/L)

15:40~16:30  「駒ヶ根ファームス」 に立ち寄り、お土産を購入。
b170820_153859_vHDR_Auto.jpg
何気なく、建物の裏に出てみると、大きな橋が!「こまくさ橋」という橋だそうです。
b170820_155744_vHDR_Auto.jpg
みごとな吊り橋に、山と川の素晴らしい景観!清々しい気持ちになります。
b170820_155919_vHDR_Auto.jpg
観光案内の看板を写メしました。
b170820_160542_vHDR_Auto.jpg
キャンプ場に戻り、「こぶしの湯」でひとっ風呂。
*コチ情報:湯船でお話しした方が、「味わい工房というレストランの地ビールと食事がとても美味しい」と教えてくださいました。
夕食は、再びバーベキュー。地元のお酒「信濃錦」・・・クゥー、たまりません!
地酒
濡れてしまったマットレスや布団などがほぼ乾き、シミにならずにすみそうなので、ホッとしてZZZ・・・。

 ■8月21日(月)
10:00 チェックアウト
さて、帰る日です。八ヶ岳を通るので、以前から気になっていた清里「萌木の村」にあるレストラン「Rock」(コチラ→)へ立ち寄ることにしました。約1年前に訪れて話題のカレーを堪能したのですが、その1ヶ月後に火事で全焼してしまったのです。後日に再建されたことを知り、ぜひその勇姿を見たかったのです(昨年の夏、「萌木の村」を訪れたブログはコチラ→)
下道1
清里を目指して、GO!GO!GO!
高速道路に乗らずに、まずは下道をゆっくりと走ることに。近頃アチコチは、下道を通ることがあります。
音楽をOFFにし、無音の状態で走ります。窓を開け、外気を取り込み、緑が眩しい田んぼや畑を通り抜けて、爽快な気持ちになります。
 下道3
*天竜川の土手沿いには、「竜」のモニュメントが。こんな眺めを見ることができるのも、下道を走る楽しみです。
地元の生活感があふれる道路を通ります。
下道2
*昔は、道角にタバコ屋さんがありましたよね?
昭和感あふれる道を通って、懐かしい思いに浸りつつ【SAKURA】をゆっくりと走らせます。

13:00 「萌木の村」に到着 「Rock」のカレーを食しました。そのレポートは、後日にUPします。
b170821_134010_vHDR_Auto.jpg
17:00 自宅着 かくして駒ヶ岳キャラバンは終止符を打ちました。
縁もゆかりもない人どうしが、ある日、旧知の友人のように語り合える、そんな「出会い」があるのが旅。
「トホホ」なできごとも含めて、「旅は、魅力の宝庫!」。
これからも、ますます【SAKURA】キャラバンは盛り上がりをみせそうです。


----  アチ&コチ ブログ付録 ----
キャンプ場でお会いした仙台市のご家族からいただいた、
「白石温麺(しろいしうーめん)」(コチラ→) をご紹介します。
サイトで調べると(上をクリック)、「白石温麺組合」があり、いつくかの会社で販売されているようです。アチコチが頂戴したのは、(株)松田製粉という会社の製品です。

一般には「うーめん」と呼ばれ、宮城県白石市の特産品です。「そうめん」には、油が使用されているとのことですが、「うーめん」には、油が使用されていないそうです。約10cmの長さなので、扱いやすいです。
白石うーめん
冷やしそうめんとして食べても、鍋に直接入れても美味しい、とお聞きしていたので、まず鍋に入れてみました。鍋の汁がこっくりとなり、とても美味しかったです!
けんちん汁にいれても良し、冷麺にしても良し、サラダに使用しても良し、ということで、用途がいろいろありそうです。
今まで全然知らなかった「白石温麺」。早速、東北地方へ行ってみたくなりました。


長い文章をお読みいただき、ありがとうございました。 アチ&コチ (゚゚)(。。)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存
保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント