FC2ブログ

【SAKURA】の電気使用レポート、「その2」です。

         bu_natu_表紙
前回は【SAKURA】に搭載しているイスズの車載専用クーラー「アイ・クール」の使用についてレポートしましたが、
今回は、全般的な電源使用状況をお伝えします。

それでは、どうぞ車内にお入りください。
【SAKURA】の電気系統パネルは、出入り口ドアのすぐ近くにあります(下写真参照)。
bu電気パネルの位2    
すべての電気の元スイッチは、出入り口ドアの取っ手横にあるシルバーの丸いスイッチです。
(下写真参照)
20161007_080442.jpg
*右側の黒の四角いスイッチは、電動ステップのスイッチです(これがまた便利!)。
元スイッチの右の半円が24V電源、左の半円が12V電源で、上の方を押すとそれぞれ電源が入ります(下の方を押すと電源offです)。
24V:冷房(アイ・クール)、冷蔵庫、水道ポンプ、換気扇
12V:各種室内灯、TV、ルーフベント、トイレetc.の使用になっています。

bu_メーター2
*写真上は、ソーラーパネルの発電状況などを見ることができるリモートメーター。

電気残量がわかるメーターを付けていないので、このパネルのボルト数値を電気使用の目安にしています。
上記写真では、28.0V となっていますね。
この数字が23V になると、外部充電が必要になるようです。
ということは~、 
ウルトラマンが危機状況になると胸のランプが点滅して、ピコン・ ピコンと音で知らせるように、表示が23V までダウンしてしまうと充電必要サインとなります。
そうならない限り、【SAKURA】の電気事情はOK!---シュワッチ!と問題なく電気を使うことができます。

今まで旅行してきて、外部充電したのはたった1度だけ。
先のブログでお伝えしましたように、宮島・厳島神社を見学している間中、アイクールのスイッチを切り忘れてしまった時のことです。あの時は、23.5V になった時点で冷凍庫の氷が少し溶け始めたので(アイ・クールはまだ稼働していました)、「外部充電が必要なサイン」(ピコンの1回くらい?)と考えたわけです。(前車のキャブコンも、電力残量が少なくなると冷凍庫の氷が溶けてきました)
その時を除けば、
4月以来、実に半年間も【SAKURA】は、シュワッチ!と外部充電無しに自力で電気をまかなったことになります。

buパネル3枚
普段は庭に駐車しているだけでソーラーパネル3枚がせっせと充電し、常時27.0~28.8V をキープしています。
先ほど【SAKURA】の中に入って数値を見てきましたが、28.8V となっていました。何もしなくても電気が使えるなんて、お得な気分です。

「さぁ、キャラバンだ!」と出かける時は、速攻出発可能です。GO!GO!GO!
冷蔵庫を使用する時は、2~3時間前に冷蔵庫のスイッチを入れておけば、OK! です。冷蔵庫が稼働したことで一旦減った電力は、ソーラーパネル君が「出番だっ!」とばかりに働いて、補充してくれるのです。
たとえば、キャンピングカーで旅行後、1日おいてまたキャンピングカーで旅行に出かける場合などは、冷蔵庫の電源をつけっぱなしにしておき、中の飲み物・食料もそのまま置いておきます。もちろんアイスクリームも!入れたり、出したりの面倒が省けます。ソーラー君が、面倒を見てくれているので大丈夫!

電子レンジや、TV、トイレ(ラップポン)、ドライヤーなどは、通常使用であれば電力消費のことをそんなに気にしなくても良いので、家とほぼ同じ感覚で過ごせるのが【SAKURA】の頼もしいところです。この夏にクーラーを稼働させてみて、そう実感しました。
きっと災害時には、シェルターとしての役割を果たしてくれるものと思います。

NTB社さん独自の開発:「2層式FRP断熱ボティ」の活躍もあると思います。猛暑時には車内温度は相当上がるのですが、【SAKURA】に乗り込む時に、モァァ~という暑さは、思ったほどには感じませんでした。前車のキャブコンよりも、室温が若干低めではないか、とアチは言っていました。
数値を計ったわけではないので、はっきりとは断言できませんが。。。

そして、まだまだあるある、夏の冷房の効きを向上させるというNTB社さんが独自に開発された「強制廃熱ファン」
bu_エアサイクル  
*強制廃熱ファン:使用する時は、取っ手を上に押し上げます。
正直、今までになかった機能だけに、使うことを思いつかず、まだ未体験。。。
ちょっと暑いくらいの時は、ベンチレーターを使って空気の入れ換えをして、さらに暑い時にはクーラーをかけてしまうので、実際に「強制廃熱ファン」を使用したことはありませんでした。アイ・クールのスイッチonで、もう充分でした。
ということで、この機能のレポートはありませんが、それだけ車内が快適だったということなのでしょう。
来年の夏には、クーラーを使用する前に是非「強制廃熱ファン」を試してみようと思っています。

具体的な夏キャラバン(中国地方へ10泊11日)の電気使用状況も少しお伝えするつもりでしたが、既に長文になってしまったため、次回に持ち越すことにします。
どうやらコチ自身の胸のランプが、ピコン・ピコンとなってきたようですので。。。
次回にシュワッチ!します。


お読みいただき、ありがとうございました。アチ&コチ(゚゚)(。。)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存
スポンサーサイト

Comment (4)

Hatosuke235 #-

SAKURA 非常に参考になります

はじめまして 最近キャンピングカー旅に憧れ、将来的に所有をするためいろいろ検討してます。特にNTBのBe-camベースのキャブコンには感心しています。 atikotiさんは丁寧に細かく記載していただいているので、大変参考になります。
来週もお台場へ行って情報収集してきます。

2016/10/29 (Sat) 14:10 | URL | 編集 | 返信 | 

アチ&コチ #-

To Hatosuke235さん

嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます。とても、励みになります!
キャラバンに出かける時には、いつもアチ&コチは、いろいろな方のブログを参考にさせてもらいながら、旅行を楽しんでいます。
自分たちの拙いブログが、何かしらお役に立っているかと思うと、うれしさ100倍、書く気倍増です。
来週末のお台場での情報収集、good luck!でございます。(群馬県「榛名山」の麓にて)

2016/10/30 (Sun) 09:48 | URL | 編集 | 返信 | 

takatan #-

●折り畳み自転車について

初めまして。
大変参考になるブログですね。ありがとうございます。
ジル520か、それともsakuraにしようか・・・と迷っている私です。
当方、四国なので、修理にに便利な、バンテックの販売代理店が近くにあるジルにするべきか、それともすべてにわたって魅力的なsakura にするべきか・・・なのです。
60代後半の夫婦の二人旅なのですが、後ろに自転車キャリアを付けると物の出し入れに不自由、そうかといって高い位置に付けると、乗せたり降ろしたりが老年には大変。そのため、貴殿のように折り畳み自転車が良いのでは・・・というところに、ようやくたどり着いた次第なのです。
しかし、一本棒にブレーキ・・という自転車は、妻も私も転びそうで不安です。(※自宅倉庫に転がっている安物の折り畳み自転車での感想)
貴殿におかれては、いろいろ研究されての購入・・と推察しますが、折り畳むと小さくて、軽くて、簡単で、しかも老人でも乗り易い自転車(※道の駅に車を止めてその辺をぶらり散策する程度の利用)がほしいのですが、具体的に何かご教示いただけると大変有難いです。
恐縮ですがよろしくお願いします。

2017/10/23 (Mon) 17:18 | URL | 編集 | 返信 | 

atikoti3 #-

こんにちは、takatanさん―――Re: ●折り畳み自転車について

こんにちは、takatanさん。
キャンピングカーの購入については、いろいろと悩むところですね。アチコチ家は「走りの安全性」を第一に考えてSAKURAに決めた次第です。

サイクリングを楽しまれる予定なのですね。四国にはとても素敵なサイクリングスポットがありそうですね~。
●自転車について一言
前車にサイクリングキャリアをつけていたものの、バックで駐車する際に気を使わなくてはならない点、自転車の装着・取り外しが意外と面倒だったことから、SAKURAには、サイクリングキャリアをつけずに、折りたたみ自転車を選びました。
しかし、重量が10㎏を越える自転車で輪行をすることを考えた場合(駅構内での移動の際)、重い自転車を担いでは、「苦行!」になってしまします。ということで、懸命に軽量の自転車を探しました。
*アチコチ家は、火野正平さんのように輪行もしたいと考えています。

そこで購入したのが「RENAULT(ルノー) マグネシウム8(MG-FDB167) シルバー 」です。16インチで超軽量8.5㎏。Amazon購入値段だと79800円となっています。もっと高額なものだとさらに軽量な折りたたみ自転車は、あると思いますが、なかなかそこまでの出費は・・・。
当時は、まだ、販売しておらず予約販売で2017年6月に届きました(Amazonを通してあさひ自転車販売店で購入)。重量が10㎏を切る8.2㎏は魅力でした。ギアチェンジもできるので、快適に走ることができます。
それでも、通常の自転車に比べると、走りの点で物足りなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、ポタリングを楽しむのを目的としたアチコチにとっては、なかなか良いチョイスだったと思っています。女性のコチの観点から言いますと、小ぶりなのも気に入っています。

その後、近隣のサイクリングロードや、長野県白樺湖、白馬でサイクリングを楽しみました。白馬のブログに自転車2台が写った写真を掲載しています。http://atikoti3.blog.fc2.com/blog-entry-64.html
ただ、高価な自転車なので、気軽に停めることはできず、防犯のために鍵は慎重に選んだ方がいいかと思います。

自転車のことをブログでUPしたいと思っているのですが、なかなかUPできず・・・、いずれレポートしたいと思っています。
*折りたたむ際に、ペダルの突起が気になったので、他の物にチェンジしました。
個人的な意見ですが、ご参考になれば、幸いです。

2017/10/23 (Mon) 19:37 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント