FC2ブログ

【SAKURA】車載専用クーラー「アイ・クール」の使用レポートです!

         buクーラー表紙


NTB社さんの【SAKURA】といえば、
その魅力の一つに挙げられるのが、イスズ純正直流24V車載専用クーラーのアイ・クールを搭載していることです。
インバーターで電圧変換する必要がないため、家庭用に比べて30%の高効率を実現すると、説明書に記載されています。

アチコチ家も、その性能に大いに期待して【SAKURA】を購入しました。
冬の寒さは、FFヒーターのおかげで室内は快適です。けれども、夏の暑さをしのぐのは難しく、夏場の旅行と言えば、標高の高い避暑地への移動に限られてしまいがちです。
ですが、アイ・クールを搭載した【SAKURA】でしたら、「暑い!」と夏場は敬遠されがちな所へも旅行できるはず。今回初めて真夏のお盆の時期に果敢にも行ってきました・・・京都・広島・島根・山口へ。10泊11日に及ぶロングキャラバンです。
このキャラバンを通じて、真夏のアイ・クール使用状況も少しわかってきましたので、アチ&コチ家なりのアイ・クールに関するレポートをUPすることにしました。参考にしていただけましたら、幸いです。
今回は、まずアイ・クールの使い方などを中心にお伝えします。
-------------------------------------------------------------

■アイ・クールって実際はどうなの?
 
ブ_クーラー
アチ&コチ家【SAKURA】のアイ・クール。ダイネットの上にしっかり固定されています。
車内の雰囲気に合わせて、オフホワイトにペイントしてくださいました(オプション)。圧迫感もなく、イイ感じです。

■アイクールの風向き設定
bu風向き左右
リモコンは無いので、手で風向きを調整します。
上記写真のツマミを左右に動かすことで、風向きを左右に変えることができます(指で簡単に調整できます)。
*リモコンがないのには少々驚きましたが、狭い車内ですし、気になりません。かえって「リモコンはどこ?」と探す手間が省けて、良いのかもしれません。

 bu風向き上下
上下の風向きは、黒い部分を上下に動かすことで、調整します。

bu上向き
ググッと上 ↑ 方向に動かすと、こんな感じです。

bu二つの吹き出し口
吹き出し口は二つあるので、それぞれに左右・上下と調整できます。
たとえば、右側は運転席方向、左側はリア方向(後ろ)へと調整すれば、部屋全体に風を送ることができます。風の向きが一方向のみでないのが、工夫されている点ですね。
身体に風が当たるのが嫌な場合は、風の吹き出し角度を上下左右に調整することで、風が直接身体にあたるのを避けることができます。長時間、冷気が身体に直接あたり続けると、かえって冷えすぎてしまいますし、喉にも良くないですよね。

■アイ・クールの設定

アイ・クールの設定を行う前に、電気系統のスイッチパネルで、[冷房] のスイッチを ON!にします。
すると、ボタンの上の小さなが青く光ります。
冷房スイッチ

次に、アイ・クール本体の左上にあるパネルで設定を開始します(下の写真)。
パネルの右側にある水色の「ON / OFFボタン」 を押して、電源を入れます。
TEMP / FAN / TIMER と書いてあるボタンを押して、設定を始めます。
温度設定→ファンの強さ→タイマー(必要な場合)の順で変わり、それぞれ任意にUP△ DOWN▽ボタンを押して、お好みの数値に変更します
  bu設定例
上の写真は、室温25℃、風の強さは最大の設定になっています。
FAN表示の上にある葉の形が、3枚とも青色になっていると最大で、1枚のみ青色だと最小になり、3段階に変更可能です。

bu最小設定
アチコチ家での使用ですと、通常は最小の設定で充分です。すぐに室温を下げたい場合や、マックスに冷風を送りたい場合は最大もアリですが、常時最大にすると結構冷えます。それだけ、アイ・クールは強力ということでしょう。

タイマー設定
OFFタイマーの設定をする時は、同じくUP△と DOWN▽ ボタンを使って、時間を指定します。上記は、1時間半の設定です。夜の使用などには、OFFタイマーは便利ですね。

■アイ・クールの静粛性
【SAKURA】のアイ・クール使用時は、「ヅゥ---」という音はするものの、そう気にならない程度です。
駐車場に停めてアイ・クールを使っている時に、周りの方に迷惑になっていないかと、車外に出て音を聞いて確認してみましたが、特に問題になるような音ではないと思います。
以前、道の駅「小淵沢」で声をかけていただいたベテランのキャンピングカーオーナーの方々にも音を聞いていただいたことがあるのですが、皆さん「静か」と驚かれていましたので、騒音とまではいかないようです。
ちなみに、冷却によって排出される水は、ダイネット出入り口扉の下、踏み台の横あたりに落ちています。

■アイ・クールの性能
前車のキャブコンには、電器店で購入した家庭用ウィンド・クーラーを後付けしていました。もともと車用に作られていないので、車の振動にも弱く、かすかにブルブルと震えつつ稼働していました。ある日、振動で吹き出し口のプラスチック板が一部外れてしまいましたが、何とかそのまま使用していました。
クーラーは電力の消費が大きいので、1時間使用するだけでバッテリーがグングンと減ってしまいます。外部充電しながらの使用か、ソーラーで充電しながらでないと、安心して使用できないように思いました。
*当時、大型犬を飼っていたので、観光に連れて行けない場合には車内に留守番をさせていましたが、何かの拍子で冷房が止まってしまうのでは・・・と心配しながら観光をしていました。

【SAKURA】のアイ・クールは、ソーラーパネルで随時充電していることもあり、安心して長時間の使用が可能です。
今年はお盆の時期に、うだるように暑かった中国地方への旅行を決行したので、
あわや「飛んだ火に入る夏の虫」(;´д`) (;´д`) になるのかぁ~? と思いきや、
①アイ・クール、②ソーラーパネル(パネル3枚)、③2層式FRP断熱ボディ、④走行充電のおかげで、快適な旅行となりました。 (゚∀゚) (゚∀゚)
その旅行時の電力稼働レポートは、後のブログにてお伝えすることにします。

でも、ちょっとだけお伝えすると***
夜に就寝してから朝まで、ずっとクーラーをつけたままで眠っても大丈夫!おかげで熱帯夜も経験せずに安眠でき、余力を持って観光できました。

bu姫路城1
しか~し、日中の観光そのものが、暑くて、暑くて、汗だくになりながらの見学でした。100円ショップで購入した扇子が、どんなにかありがたかったことか。。。
兵庫県「姫路城
(白鷺城)」見学では、城内はまさに「うだるような暑さ」。もちろんクーラーなんて無いわけで・・・、あちらこちらから「も~ぅ、限界~」という声が聞こえてきて、コチも心の中で思わず「同感」とうなづきました。観光を終えた後は、そそくさと【SAKURA】に飛び乗り、アイ・クールで涼む、という状況でした。
ありがたや、アイ・クールちゃん!

bu宮島1
広島県「宮島厳島(いつくしま)神社」に見学に行っている時(「宮島口駅」近くの駐車場に車を置き、船で対岸へ渡って見学します)、クーラーを消し忘れて出かけてしまったことがありました。猛暑の中、誰も車中にいないのに3時間以上稼働させてしまいました。前の日の夜も含めて、それまで長い時間クーラーをつけっぱなしの状態でしたので、さすがに電力がかなり減ってしまい、キャラバン中この時だけは外部充電が必要な状況に陥りました。失敗、失敗。
その時は姉も同乗していたので、日中の移動時はダイネットを冷やすために、常時クーラーを稼働させていました。もしアイ・クールがなかったら、ダイネットの3列目の席に座っていた姉からは、きっと暑くて不満の声が上がっていたことでしょう。普通車に乗っているのと同じ感覚で冷房が効くものと思っている姉は、アイ・クールのすごさをまったく理解していないようでした。知らないということは・・・オソロシや~!

4月末に【SAKURA】が納車されてから半年近く、もう何回もキャラバンしているのですが、初めて体験する外部充電でした。
今まで、長期にわたるキャラバンの場合、充電のためにキャンプ場に宿泊しなくてはならない必要(北海道旅行では、3~4日に1回キャンプ場泊)がありましたが、【SAKURA】に乗るようになってからはその必要はなく、キャンプ場に宿泊する場合でも、電源無しサイトを利用しており、節約にもなっています。
っと、また長文になってしまいました。この続きは、またの機会に。

お読みいただき、ありがとうございました。アチ&コチ (゚゚)(。。)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

保存保存保存保存保存保存保存保存保存
保存保存保存保存保存保存保存
保存保存保存保存保存
保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存
保存保存保存保存保存保存保存
スポンサーサイト

Comment (7)

mac'ん #-

外部充電

貴重な情報ありがとうございます。サクラ羨ましいです。
エアコンがどれだけ使えるか知りたいのでもう少し教えてください。
今回、夜間と日中にアイクールを使用し、走行充電が必要だったとのことですが、アイクールが停止したということですか?また、外部充電が必要だったのは、走行する予定がなかったからですか?質問ばかりですいません。

2016/10/13 (Thu) 20:55 | URL | 編集 | 返信 | 

アチ&コチ #-

To mac'んさん エアコンの稼働状況、気になりますよね。

外部充電を初めて経験した時のことですね。
充電が必要だと言われていたバッテリー残量数値に近づき、冷蔵庫の冷えが若干弱くなってきたので、念のために電源付きキャンプ場に宿泊することにしました(アイクールが停止したわけではないのです)。
キャンプ場に行くまでに走行充電もしたので、もしかして外部充電をしなくても大丈夫だったのかもしれません。
ですが、もう夜になりソーラー充電は期待できなかったこともあり、確実に充電できる方法として外部充電する方法を選びました。
なんといってもまだまだ熱帯夜でe-449、夜間も冷房が必要だったので。。。
次のブログでその辺りのことをお伝えしたいと思っています。


2016/10/13 (Thu) 22:33 | URL | 編集 | 返信 | 

おやぶん #-

アイクール情報

2度目まして。
アイクール情報ありがとうございます。
ここ数日、毎日拝見させていただいています。

追加の情報も、ありがたいです。

次に時間がおありの時に教えて頂きたいことがあります。

ソーラーの機械の電圧表示の表示と、
アイクールの電圧表示は
電圧表示の数値は違うのでしょうか?
また、バッテリーの残量はどちらの表示でご確認されているのでしょうか?

外部充電は1度とありましたが、夏場の移動時は、車のエアコン+アイクールでもバッテリーはほとんど減らないのでしょうか?

質問ばかりになって、すみません。

宜しくお願いします。

色々とうらやましいです。
自分の車は、足回りがへたっていて、長距離移動は、
家族も、自分もへたってしまいます。
連休以外は、近場になってしまいます。

色々と宜しくお願いします。

2016/10/15 (Sat) 09:49 | URL | 編集 | 返信 | 

アチ&コチ #-

To おやぶんさん こんにちは。

こんにちは。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。ご質問について。
〇ソーラーの機械の電圧表示は?
リモートメータの右に出る数字が、ソーラーからリアルタイムに充電している数字のようです。
〇アイクールの電圧表示は?
アイ・クールのみの電圧表示はわかりません。
〇バッテリーの残量はどちらの表示でご確認?
14日にUPしましたブログでご紹介しましたが、リモートメータの左上に表示されるボルト数値です。
〇夏場の移動時は、車のエアコン+アイクールでもバッテリーはほとんど減らないのでしょうか?
「ほとんど減らない」とは、断言できませんが、何の心配もなく使用できます。
1度、外部充電をした際は、電気がなくなったわけではなく、念のための処置です。ちょうど洗濯物もたまっていましたので、キャンプ場へと向かったのです(^^ゞ)。

アチ&コチ家は、電気残量が詳しくわかるメーターを取りつけてないので、細かな消費電力情報は把握できないのですが、日常に使用する分には充分かと。。。もともと、機械に弱いコチですので(..;)
アバウトで気軽に安心して電気が使える【SAKURA】が相棒で、助かっています。

2016/10/17 (Mon) 11:48 | URL | 編集 | 返信 | 

アチ&コチ #-

To おやぶんさん  再び、こんにちは。

おやぶんさん、再びこんにちは。
先ほどの送信内容についての訂正です。
「アイ・クールのみの電圧表示はわかりません」と書きましたが、すみません、アイ・クール本体にあるパネルの左上に、表示してあります。
でも、この電圧の表示とリモートメーターとの詳しい関連は、分かりません。(..;)
まずは、訂正まで。

2016/10/17 (Mon) 15:19 | URL | 編集 | 返信 | 

佐々木 #Iwz0xWLQ

やっぱり凄い❗

アチ&コチさんお久しぶりです❗
この間名古屋にサクラちゃんを見に行って来ました🎵
初サクラちゃんです。やっぱりいいですね~~
エンジンオフでしたので、アイクールちゃんの体験は出来ませんでしたが、ブログを拝見して、やっぱり最強🎵と確信しました。
いよいよ冬バージョンのレポートも楽しみにしています🎵

2016/10/24 (Mon) 21:26 | URL | 編集 | 返信 | 

アチ&コチ #-

To 佐々木さん  こんにちは!

サクラちゃんとご対面したのですねっ!
「百聞は一見にしかず」。実物を見ると、いろいろと「?」だった点が一目ですぐに分かりますよね。サクラちゃんは、佐々木さんの期待に応えてくれたようで、コチも嬉しいです。

先日、紅葉狩りに行った時には、寒くてFFヒーターとソーラーちゃんのお世話になりました。「冬バージョン」のスタートです。

2016/10/25 (Tue) 10:28 | URL | 編集 | 返信 | 
非公開コメント