FC2ブログ

New【TSUBASA】リアマルチルームをご紹介!

       ツバサ表紙

前回のブログでお知らせいたしましたように、
「富士山ヨットレース2018」と同時開催の「NTB社展示・商談会」においてお披露目された、
New リアマルチルーム【TSUBASAをご紹介します。

【TSUBASA】の正式デビューは、9月28日(金)~30日(日)まで幕張メッセで開催される
「カートラジャパン2018」(コチラ→)になりますが、
ツバサデビュー   
一足先に~~~~お披露目をば。
ジャーン! こちらが、新しい【TSUBASA】です。
b沼津tsubasa1
スッキリとした外観ですね。

ーーーー【TSUBASA】とは?ーーーー
いったい【TSUBASA】って、どういうキャンピングカー???
ここで、少々ご説明いたしますね。
 
【TSUBASA】は、日本特種ボディ株式会社:通称「NTB社」((コチラ→) が開発・販売しています。アチ&コチの愛車【SAKURA】と同じく、いすゞがキャンピングカー専用に開発した「Be-cam(ビーカム)」をベース車にしたキャブコンです。「Be-cam」は、とりわけ後輪がダブルタイヤなので、運転していて安心感があるのはもちろん、キャンピングカーとして相対的に安定した走りを感じさせてくれる頼もしいベース車なのです。
ブビーカムカタログ
*「Be-cam」については、過去ブログでご紹介しています(コチラ→)

【SAKURA】が、ユーザーの好みで車内をカスタマイズできるのに対し、【TSUBASA】は、あらかじめ設計された規格車になります。その分お買い求めやすい値段設定になっているので、「Be-cam(ビーカム)」に乗りたい!とお思いの方には、とっても朗報です。
ーーーーーーーーーーー

第1弾の【TSUBASA】は、青いハチマキの2段ベッドモデル(写真↓)でした。
2018TSUBASAカタログ

今回の【TSUBASA】のデビューは、ホワイトを基調にした第2弾のモデルということになります。
New【TSUBASA】は、リアマルチルームとなっています。
キャンピングカー・ユーザーの様々な声を参考に、より工夫され、洗練されたオシャレな内装になっていて、沼津での展示会においては、とても評判が良かったそうです。

アチ&コチの第一印象は、「ありそうでいて、今までにないデザイン!」です。
一瞥して、「こういう手もあったんだ」・・・思わず ガッテン!と、両手を合わすポーズをとってしまいました(コチ)。
それでは、具体的に見ていくとしましょう。

①居住空間が広い
ーーーマルチルームを後ろに移動させたことにより、ダイネットが広々としています。
ベッドが広くなり、上り下りもスムーズ。
b沼津tsubasa11
「すぐに、ごろ寝ができる」って、ゴロ寝好きには、たまりません。
 
b沼津tsubasa12
*後方の窓は、上部写真の黄色い枠の大きさになります。
沼津の展示会では、後部の窓が間に合わず、小さな窓が一時的に設けられていましたが、実際は、もう少し大きな窓になります。
下の写真 (NTB社さんからお借りした写真)が、大きな窓が設置された写真です。
b_ntb_tsubasa1.jpg
リアベッドの下は、まるまる収納空間です。それはもう、2台の折りたたみ自転車を収納できるとても大きな広さです。
もちろんベッド下には扉があり、室内から荷物を取り出すことができます。

さて、バンクベッドはどうでしょう?
b沼津tsubasa4
立ち上がりが深いので、圧迫感がなさそうですが・・・。
オーッ!広々としています。
b沼津tsubasa10
就寝できる場所は、バンクベッド+ダイネット部分+リアベッドの三ヵ所。いったい何人寝ることができるのっ?という感じです。

b沼津tsubasa13
そして、この重なっている部分に注目です! クッションを、上の写真のように設置することにより、リアベッドの足元部分が広くなり、就寝時には足を伸ばして快適に眠ることができます。一方、ダイネットで就寝する人は、足をこのクッションの下に伸ばして寝れば、重なっていても問題はなさそうです。なるほど~、工夫されていますね。

②車内が明るく、風通しが良い ーーー窓がいっぱい!
ダイネット右手の大きな窓! 天窓がなくても、この窓から光を取り入れることができそう。キャンピングカーのダイネットは、意外と暗く、昼間は窓からの採光がたよりです。なので雨の日はけっこう暗い。。。でも、これだけ大きな窓があれば、かなり車内が明るくなると思います。
 b沼津tsubasa2
 実際、沼津で見学したとき、室内はかなり明るく、日差しがダイネット部分に入り込んでいました。

b沼津tsubasa8
窓のタイプは、従来の窓枠ではなく、スマートな印象の新しいタイプ(写真)

また、窓が大きいということは、「風通しが良い」ということにつながります。
b沼津tsubasa9
このときは、窓や各バゲッジドアが開いていたので、海風が通る、通る。ビュ~ン、ビュ~ンでした。

使い勝手が良い ーーー限られたスペースの中、ダイネット部分での冷蔵庫やテレビの位置が工夫されている。
 まず、冷蔵庫の位置がイイ! 
入り口ドアのすぐ左手にあるので、特にキャンプをした際、外に食品を持ち出すのに使い勝手が良さそう。入口ステップに立ちながら、冷蔵庫の中からモノを取り出すことができるって、メチャ便利です。

b_ntb_tsubasa2.jpg
*NTB社さんのFacebookよりお借りしてきた写真。
テレビを壁付けしたことにより、冷蔵庫の上が空き、物を置くことができます。

b_ntb_tsubasa3.jpg
*NTB社さんのFacebookよりお借りしてきた写真。
クーラーは、ベッドの奥に設置してありますね。さわやかな冷気がベッド&ダイネットにも行き渡りそうです。

b_ntb_tsubasa1.jpg
収納は、ダイネット上部にズラーッと並んでいます。

家族構成・旅行の仕方などで、お求めのキャンピングカーの仕様が違ってくると思いますが、それにしても、この【TSUBASA】は、いろいろな工夫がなされた素敵なキャンピングカーだと思います。
アチ&コチも、「うらやましい」と思う部分がいくつかあるのが、正直なところです。

この【TSUBASA】が正式にデビューするのは、もう間近にせまっている(9月28~30日開催)
「カートラジャパン2018」においてです(コチラ→)
キャンピングカーだけでなく、車旅の様々な方法を模索し、マナー向上を考える社団法人「カートラベル推進協会」の今後の活躍を期待しているところです。

「いぬのきもちフェスタ2018」が、同時開催されます!
いぬのきもちフェスタ

そうそう、「キッズフェスタ」も開催されるようですので、きっと子育てファミリーも楽しめると思います。
RAR1_3083-1024x683.jpg  

好奇心旺盛なアチ&コチも出かける予定です。

っと~NTB社さんのFacebook(コチラ→) に新しい情報が!
何でも、2m×5mに収まるツバサショート の情報を会場でGet!できそうです。果たして、さらなるコストダウンは可能か?
次々に、キャンピングカー開発に挑む「NTB社さん」・・・恐るべし!

お読みいただき、ありがとうございました。
アチ&コチ (゚゚)(。。)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント